毛穴の詰まりに効果的な洗顔方法

毛穴の詰まりに効果的な洗顔方法

黒っぽいポツポツした毛穴が目立つといった悩みには、まず洗顔方法の見直しからスタートしましょう。

 

毛穴のポツポツが目立つのは、そこに汚れが詰まったり固まった角栓が埋もれているからです。こうなると、ぱっと泡立てた石けんで洗った程度ではポツポツとした黒い汚れは落ちません。しかも角栓は皮脂にからみやすい性質を持っているので、なかなか落ちにくいのです。

 

■まず肌を柔らかくして毛穴を開かせる

 

毛穴にギュッと詰まった状態で汚れを落とすのは容易ではありません。家庭でやるのなら、ゆっくりとお風呂にはいり体も肌もあたためて、毛穴をじっくりと開かせてあげることがポイントです。または蒸しタオルなどを利用してもいいですね。

 

■肌が柔らかくなってからクレンジングをする

 

しっかり毛穴が開いた状態になってから、専用のクレンジング剤や洗顔料で洗顔をしましょう。この時はそれぞれの専用ケア製品のマニュアル通りに使うのが大切です。とにかく角栓を落としたいからといって洗顔料を増やせばいいというのではありません。逆に多すぎたり少なすぎたりすると効果が半減してしまう場合もあります。

 

■それでもとれない角栓にはパックや家庭用ピーリングで

 

はがすタイプのパックやジェル状のものをマッサージすることで古い角質がポロポロとはがれおちるピーリングは非常に効果的です。ただし刺激も強いので、あまり頻繁に繰り返すのはよくありません。家庭で行うなら表示通りか、週に1度ぐらいがいいのではないでしょうか。週末のお風呂タイムをゆっくりととり、じっくり「毛穴ケア」をするのにパックを利用するなどといった方法がベストです。

 

エステで本格的に毛穴ケアをしてもらうのは最後の手段。

 

まずは家庭でできる事からやってみましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり入って、毛穴ケアをしっかりする週末の夜を試してみて下さい。そして、お試しセットや試供品などで毛穴ケア専用のスキンケア製品をいくつか試してみて、自分にマッチしたものを選んだら、継続的にお手入れするのがベストです。

 

■年齢で違う毛穴ケア

 

若い時と年老いた時の毛穴状態は全く違います。

 

若い時は単純に乾燥が原因の場合が多いのですが、年齢を重ねるごとに乾燥状態は当たり前なのに加え、コラーゲンが不足してたるみ毛穴がが原因に加えられます。

 

たるみ毛穴になると化粧品でケアするには限界が生じてきます。むしろ、保湿を中心に、年々不足する皮脂を適切なオイル保湿で補うことが必要。若い時向けの毛穴ケアをやると皮脂分がさらに減少して、肌が保護成分が不足して荒れがちなるからです。

 

だいたい40代くらいからこの傾向が出てきて、50代になるとそれが顕著になります。年齢に応じて基礎化粧品は変えなくてもいいのですが、皮脂関係に関してだけ言えば変えていったほうがいいのが事実。そのため、40代か50代になったら一度基礎化粧品の見直しをしてみるべきでしょう。

 

参考サイト:50代肌に必要な基礎化粧品の種類

 

■頬の毛穴を綺麗にする洗顔のコツ

 

毛穴が一番目立つのは頬か小鼻でしょう。

 

目立つ分、どうしても毛穴を意識して洗顔しがちなのですが、もう完全に毛穴のことは忘れて洗うのが一番効果があります。

 

どういうことかというと、あくまで洗顔だけで毛穴が綺麗になるのは、毛穴に詰まった汚れの表面だけ。それより奥は、結果的に保湿でしか綺麗にできないのです(頬と小鼻の毛穴を綺麗にする方法について)。

 

あくまで、洗顔は余分な汚れ、皮脂を落とすだけ。毛穴の汚れは無視!これが正解です。

 

毛穴を気にすると結果的に肌が乾燥するだけです。洗顔だけじゃどうやっても毛穴を完璧に綺麗にはできないので、それを理解しておくだけでかなり変わってくるのですよ。